2017.11.17 (Fri) news

ビットコインのプライバシー強化へ一歩前進

Written by 真田雅幸

ビットコインの開発に携わるグレッグ・マックスウェル氏は今週、ビットコインの取引のプライバシーを高めることができる秘匿トランザクション(CT)のアップデートを公開した。

ビットコインの取引は、すべてブロックチェーン上に記録されており、ブロックチェーンを参照すればユーザーの取引履歴を追跡することができる。そのため、マネーロンダリングなどの犯罪行為には不向きであるとする研究結果も多く存在する。

秘匿トランザクションは取引のプライバシーを強化し、取引履歴から取引を行ったユーザーを特定するなどの、第三者による追跡を困難にさせる技術だ。一方、秘匿トランザクションはそのデータサイズが膨大になることから、取引手数料が高く、ブロックチェーンのスペースを多く使用してしまうなどの難点があった。秘匿トランザクションを実際に使用可能なレベルにするには、このようなコストを引き下げることが必要だった。

マックスウェル氏によると、今回のテストで秘匿トランザクションを行うための取引コストの大幅な改善があったという。ビットコインの通常の取引と比べて秘匿トランザクションは16倍もの取引データサイズを必要としていたが、今回の改善でおよそ3倍程度まで抑えることに成功した。一方、取引がブロックチェーンに承認されるまでには、依然として通常を大きく上回る時間が必要で、課題点は未だ存在する。

現在、多くのプライバシーに特化したアルトコインが市場を賑わせており、Monero(XMR)、Dash(DASH)、Zcash(ZEC)などが特に人気がある。これらのコインは取引のプライバシーに重点を置いており、将来性が期待されている仮想通貨だ。これらのコインの価格は、今年の初めと比べてそれぞれ10倍以上の値上りを記録している。

ビットコインに対するプロトコルレベルでの秘匿トランザクションの導入は、ソフトフォークで行うことができる。コミュニティのコンセンサスがまとまれば、ハードフォークをする必要がないため、ブロックチェーンの分岐の心配もない。

一方、ビットコインのネットワークにはすでに多くの企業が多方面から携わっていることによる懸念も生じる。企業には国が定めるコンプライアンスに従う義務があり、規制当局からのプレッシャーを忌避しプライバシーを高める変更に良い感情をもたない可能性もある。ビットコインはオープンソースであり、国や企業の意図が直接反映されるわけではないが、秘匿トランザクションがビットコインのプロトコルに導入されるとなるとコミュニティ内で新たな議論が巻き起こるかもしれない。


Bitcoin.com


Mail Magazine

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!