2017.01.31 (Tue) news

元FRB職員に罰金5000ドル、中央銀行のサーバーでマイニングした罪で

mining

米連邦準備制度理事会(FRB)は米国時間30日、中央銀行のサーバーにビットコインのソフトウェアを無断でインストールを行い、マイニングを行なった元FRB職員に対して、5000ドルの罰金を科したことを公表した。

声明によれば、通信システムアナリストとしてFRBに従事していたニコラス・バースームは、ビットコインのマイニングを行い報酬を得るため、2012月3月から2014年6月頃までソフトウェアを稼働させていたという。バースームはその後に解雇され、FRBは2016年10月、コロンビア特別区裁判所に政府財産の違法利用とし最大10万ドルの罰金を科すよう求めた。

マーク・バイアレク、監察総監室(OIG)監査官は声明において、「バースームは職務のため特定のFEDサーバーにアクセス可能であった」と述べた。バースームは、自宅からリモートでサーバーに接続できるように設定していたことも明らかになった。これが原因で同氏の犯罪は明るみに出たものの、しかしながらFRBは、ソフトウェアが稼働していたおよそ2年の間にマイニングされたビットコインの量を特定できなかった。報告を受けた時、バースームがリモートからサーバーに接続し、ビットコインのソフトウェアを削除したためだ。

OIGは、本事件を起因とし連邦政府の機密情報が漏出することはないとしており、FRBは事件を考慮しセキュリティの強化に務めると述べている。


OIG


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!