2019.07.03 (Wed) market

ライトコイン価格の上昇が半減期前に鈍化、ドミナンスも低下

Written by 真田雅幸

8月5日に半減期を控えるライトコイン価格の上昇が徐々に鈍化してきています。ライトコインは今年に入り、半減期による供給量の減少を投機材料として価格を大きく上昇させていました。今年前半の価格上昇率は約380%を記録しています。

litecoinblockhalf.com

現在のところライトコインの半減期は8月5日に予定されており、マイニング報酬が25LTCから12.5LTCへと変更されます。

Coinbase,LTC/USD(日足)

LTC/USDの日足チャートでは、価格は121ドルで推移しており、127ドルの基準線を下回り上昇トレンドが弱まっていることを示唆しています。さらに転換線と基準線がクロスする売りのシグナルも点灯しています。

価格推移に対する反応が早いインジケーターのStoch RSIでは昨日の終値で、K線が遅行線をクロスしており売りのシグナルが出ています。RSIは47.16で中央値を下回っていることからやや弱気を示唆しています。MACDは0ライン付近へと近づいておりニュートラルな状態にあることを示唆しています。

Coinbase,LTC/BTC(日足)

BTC建のLTCのチャートは、非常に弱気のチャートが形成されており、価格は0.0106BTCで転換線の下で推移しています。遅行線も雲のかなり下で推移していることからテクニカル的には弱気を鮮明に表していると言えます。

Stoch RSIは53.06でやや強気を示唆していますが、RSIは36.8で弱気を示唆しています。RSIの方が価格に対する反応が遅く、一目均衡表も弱気を示唆しているため全体的には弱気であると言えます。さらにMACDもゼロラインを下回っており弱気を示唆しています。

LTCドミナンスチャート

暗号通貨市場のLTCのドミナンスは6月12日に記録した3.5%が最高値で、現在は2.42%まで減少しています。来月に半減期を迎えるライトコインですが、価格の推移とドミナンスチャートを見ると、上昇トレンドに陰りが見え始めており投機熱が徐々に冷めてきている様子が伺えます。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。