2017.11.14 (Tue) news

ビットコインキャッシュがハードフォークに成功

Written by 真田雅幸

Untitled

ビットコインキャッシュ(BCH)が予定通りハードフォークを行った。現時点ではブロックチェーンの分岐は確認されていない。今回のハードフォークで、ビットコインキャッシュはコンセンサスアルゴリズムの変更を行っていた。変更の主な内容は、マイニングの難易度調整アルゴリズム(DAA)だ。

ビットコインキャッシュのプロトコル開発に関わるBitcoin ABC、 Unlimited、Nchain と XT developers によって今回のハードフォークは設計されたようだ。ビットコインキャッシュのマイニング難易度調整アルゴリズム(DAA)にはEmergency Difficulty Adjustments(EDA)が含まれ、12時間のうちに6ブロック採掘されなければ最大20%難易度を低下させるというロジックが含まれていた。これは8月1日のハードフォークによってハッシュレートが低下し、ブロックが生成されないことを懸念して導入されたアルゴリズムだった。しかし、ビットコインキャッシュはEDAを導入したことで、難易度が調整されたタイミングだけ大量のマイナーが押し寄せ、瞬間的にブロックが採掘されるという問題を抱えていた経緯がある。

ビットコインキャッシュの開発チームによると、今回のDAAアップグレードによりEDA問題は解消され、マイニング難易度が急激に変化することはなくなり、約10分毎にブロックがマイニングされるようになるという。今回のDAAではマイニング難易度がおおよそブロック毎に調整される。またブロックは、先の144ブロックに費やされた計算量(ハッシュレート)によって決められる。

マイナーは、マイニング作業をビットコインキャッシュからビットコインに簡単にスイッチすることができるため、ビットコインキャッシュの計算量は安定しない時期が多かった。今回のハードフォークによりビットコインキャッシュのノードの約80%はすでに新たなソフトウェアに切り替わっている。一方、実際に新たなDAAが上手く機能するかはわからない。機能するか否かは今後のネットワークを確認するしかない。

Coindesk


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!