2017.12.12 (Tue) news

ブルガリア政府 押収したビットコインの評価額が約3800億円にまで上昇する

Written by 真田雅幸

ブルガリア政府は今年の4月、密輸などの違法行為を行っていた犯罪者集団から213,519ビットコインを押収していた。押収されたビットコインの当時の時価で約484億円程であったが、そこからビットコインの価格は大幅に上昇しているため、現在の評価額にすると約3800億円にのぼるとされる。

ブルガリア警察は国境を警備する南東ヨーロッパ法務執行センター(SELEC)と協力し、関税法に対する違法行為に関与した疑いがある23名を逮捕した。その内の5名は税関職員であった。犯罪者集団は、外部から税関所内のコンピュータに不正アクセスし、密輸を行った容疑がある。

同警察が行った今回の捜査は、容疑者達に関連のある住所や車体の捜査対象が100以上にのぼった。コンピュータやタブレットなどの電子機器類や個人情報書類などを押収したと同警察は発表した。押収された電子機器類にビットコインの秘密鍵の情報などが収納されていた模様だ。

ブルガリアの2016年のGDPは6.5兆円ほどで、押収当時のビットコインの評価額はブルガリアのGDPの約100分の1以下だった。しかし、4月時点でのビットコインの価格は2,000ドル程で推移していたが、現在は16,000ドルと約8倍に価格が跳ね上がっている。

一方、ブルガリアの政府債務残高は約1.9兆円で、押収したビットコインの現在の評価額は、政府債務の約5分の1に相当する。ブルガリアの債務のGDP比は約29%と低い水準にあるため、すべてのビットコインを売却して債務に充てることを必要としていないが、ブルガリアの経済規模と比較すると保有するビットコインの現在の価格が非常に大きいことを示しています。

米司法省は2013年、オンライン上のダークマーケットにあたるウェブサイト「シルクロード」を捜査し、閉鎖に追い込んだ際に144,336ビットコインを押収していた。押収したビットコインは、2014年と2015年に行われたオークションにて売却されており、平均して1BTC=334ドル程度の価格で売却されたものとみられる。

仮に米司法省がビットコインを現在の価格で売却した場合、約2500億円の追加収益があったものとみられる。警察のような司法機関は、利益を上げることが目的ではないが、米司法省の例を参考にすると、今回ブルガリア政府が押収した大量のビットコインをどのように扱うかは、大きな決断となるのかもしれない。


Zerohedge


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。