2017.11.09 (Thu) news

ビットコイン、分岐回避で前進 SegWit2xハードフォークの計画中断で

Production Of Bitcoins By Mike Caldwell of Casascius

本日午前1時58分、SegWit2xの推進派として知られていたBitGoのCEO、マイク・ベルシェ氏が、SegWit2xのハードフォーク計画の中断を宣言した。中断の理由は、コミュニティ内での「充分なコンセンサスが得られなかった」からだとしている。

SegWit2xはビットコインのブロックサイズを2MBに引き上げるハードフォークを含む一連の計画で、494,784ブロック(11月16日ごろ)に実施される予定だった。ハードフォークが起こると、以前のルールで動いていたビットコインとの互換性がなくなり、ブロックチェーンが分岐してしまう恐れがあった。

ハードフォークを成功させるためにはコミュニティの一致団結が必要であり、賛否両論のまま進められればブロックチェーンの分岐は免れない。分岐が起こってしまえば、トランザクション構造が同じであるがために、ユーザーは知らないうちに分岐したチェーンのコインを送信してしまったり、取引所に対してリプレイ攻撃が行われることもある。中には、リプレイ攻撃などによって不測の損失が出た場合、同等額を付与しないと明言する取引所もあった。

収束

ベルシェ氏は声明の中で次のように述べている。

残念ながら、現時点ではブロックサイズのアップグレードに対して充分なコンセンサスが得られていないことは明らかです。現在の計画を継続することはコミュニティの分断を起こし、ビットコインの成長を妨げる可能性があります。

声明には、5月に取り決められたニューヨーク合意(NYA)の署名者らが共同で名を連ねている。Xapoのウェンセス・カサーレスCEO、Bitmainのジハン・ウーCEO、BTC1クライアントのメイン開発者ジェフ・ガージック氏、Blockchainのピーター・スミスCEO、Shapeshiftのエリック・ヴォーリーズCEOだ。

連名は勝手に書き加えることも可能であり、本人の意思かどうかも定かではないとの指摘もあったが、少なくともマイク・ベルシェ氏、ピーター・スミス氏、エリック・ヴォーリーズ氏は本人による署名であることを認めている。

また、本声明をうけマイニングプールViaBTCは、SegWit2xの支持を表明するシグナルを外していることもわかった。Coin.danceのサイトを見ると、ViaBTCが生成したブロックのコインベース取引テキストから「NYA」の文字列が消えていることがわかるだろう。

リスクは去ったのか

安堵に胸を撫で下ろすべきか、それでも分岐に備えるべきだろうか。

少なくとも、NYAをリードする主要メンバーがSegWit2xハードフォークの中断を宣言したことは、リスクが大幅に減少したと捉えることができそうだ。ジェフ・ガージック氏はほぼ一人でSegWit2xの参照実装ソフト「btc1」の開発を行っており、彼が開発を降りれば、2xクライアントの開発を行える者が存在しなくなる。開発者がいなければ保守も不可能であり、継続的なアップグレードも困難だ。

それに加えて、関係者の中にはBitcoin Cashが生まれたことで、「SegWit2xの意義が失われた」と見るものも多い。元々SegWit2xは、SegWitの導入を行い、Lightning Networkなどセカンドレイヤーでのスケーリング・ソリューションへの進化を推し進めたい人びとと、ブロックチェーンのブロックを拡張し、オンチェーンでビットコインをスケールさせたい人びとの折衷案として生まれた計画だ。

Bitmainのジハン・ウーCEOはBitcoin Cashの熱烈なサポーターの一人として知られており、またSegWitの導入についても、多くのオンチェーン・スケーリング支持者と同様に疑いの目を向けている。

SegWit2xには「SegWit」が含まれており、Bitcoin Cashには「SegWit」が含まれていない。このことから、既にBitcoin Cashがある状況下で、わざわざリスクのあるSegWit2xハードフォークを実行するメリットは両陣営のどちらにもない。本声明をもって、リスクは去ったと考えても差支えはないだろう。

ジェフ・ガージックは、BTC1クライアントをビットコインのオルタナティブとして継続的に開発を進めると述べている。

当初からSegWit2xに反対していた人びとは、[NO2X]の旗印を掲げ「Coreの勝利だ」と歓喜の声をあげている。スケーラビリティの課題はまだまだ多く残されているが、2015年から続いた議論で停滞した時間が再び進む兆しが見えてきた。


Segwit2x Final Steps


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!