2017.10.24 (Tue) news

ビットコインゴールドに対する各取引所の対応と影響

Written by 真田雅幸

スクリーンショット 2017-10-24 15.13.31

本日、ビットコイン・ゴールド(BTG)が分岐した。ビットコインの491407個目のブロックより予定通り分岐が行われた。ここでは、国内外の取引所のBTGに対する対応をまとめてみたい。それぞれの取引所では基本方針として、付与の有無を公表をしている。またそれぞれの取引所の対応が及ぼす影響についても触れてみたい。

国内
スクリーンショット 2017-10-24 15.24.34

国外
スクリーンショット 2017-10-24 15.27.12

それぞれの取引所のBTGに対する公式声明を解釈すると、BTG付与の有無にかかわらず、その実用性であったり、分岐後のマーケットの反応を確認し、状況に応じた対応をするというのが一定の共通項としてあるようだ。このようにBTG付与の有無にかかわらず状況次第で、対応が変更される可能性を取引所が残しているのは、BTGのコンセンサス・コードや、テスト用のコードも公開されていないなどの、不透明な部分が大きいためと考えられる。またリプレイプロテクションの有無や、ブロックチェーン情報の解析に使われるBlockchain Explorerへの対応などもわかっていない。

さらに取引所間でBTGへの対応が異なる事象には、取引所間の駆け引き「ゲーム理論」が存在する。ゲーム理論は、相互依存している集団の中で個人がどのような戦略や行動を取るかを予測する理論で、取引所は互いに相互依存しており、相手の戦略や行動により、自身の行動または結果が異なってくる。取引所としては、多くの顧客を獲得するため、それぞれ戦略を立てるが、他の取引所の出方によってはその戦略を変えざるを得ない状況が作られることが予想される。

例えば取引所AでBTGを扱うが、取引所BではBTGを扱わない場合、取引所Aは多く顧客を獲得できる可能性がある。そのため、顧客流出を阻止したい取引所BはBTGを扱わざるを得ない状況に追い込まれる。

このように、取引所間の今回のBTG対応はそれぞれに相互依存している可能性が非常に高い。一方で、BTGは既述の通りセキュリティー面で問題を抱えており、取引所は顧客資産保護の観点も考慮しなくてはならない。このような点を踏まえて、BTG及び今後のハードフォークに対する各取引所の対応、または対応変更に注目すると面白いかもしれない。


参照元
Bitfinex
Bittrex
HitBTC
Yobit
Coinbase
Poloniex


Mail Magazine

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!