2018.09.06 (Thu) market

ビットコインの価格が大きく下落、大量のロスカットが発生か

Written by 真田雅幸

ビットコインの価格が昨日の夕方から今朝にかけて大幅に下落しました。昨日の最高値は1BTC=7404ドルでしたが、現在は6440ドルと約1000ドルも下落しました。ビットコインは前回の押し目となった6800ドルのラインも簡単に割り込み、日足が更新される午前9時の時点でも下ヒゲが確認されなかったため、さらに下落が継続したようです。

ビットコインは短期の移動平均線である20日移動平均線(黃)も割り込み、一夜にしてショート側が有利な状況に変わりました。

ビットコインが上昇三角形を下方にブレイクしたことがきっかけとなり下落が始まりました。

昨日の5時頃から価格は下落を始め、12時間のローソク足3本で最大1068ドル下落し、変動幅はマイナス14.47%となりました。

他方、Bitfinexのショートの建玉は4月のショートスクイーズが発生した水準にまで増加しています。下記のチャートは緑がロングの建玉、赤がショートの建玉を表しています。

現状、価格が底打ちしたことを示す指標が一切でていないものの、ショートの建玉数(赤)を考慮すると、これ以上の大幅な下落も予想し難い状況と言えるのではないでしょうか。


免責: BTCNは仮想通貨・ブロックチェーン情報の提供を目的としており、投資の勧誘を行うものではありません。また、BTCNおよびビットバンク株式会社はBTCNで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の判断や意思決定に関しては、BTCNの各利用者ご自身の責任において行って下さい。
情報開示: BTCNは、仮想通貨取引所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社が運営しています。

無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!