2018.05.15 (Tue) news

ニューヨーク州金融サービス局、プライバシー通貨Zcashの使用にゴーサイン

Written by 真田雅幸

米大手仮想通貨取引所ジェミニが、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を得て個人のプライバシーを保護できる仮想通貨Zcashの取引を開始することが明らかになった。NYDFSは、ジェミニがニューヨーク州で初めてZcashの保管と取引サービスを提供する取引所第一号となったことを発表した。

NYDFSのマリア・ビュッロ氏は、仮想通貨について以下のように語っている。

「仮想通貨は非中央集権のグローバルな通貨の選択肢であり、よりセキュアで質の高い取引媒体として発展する可能性を秘めています。ニューヨーク州は市場のリーダーとイノベーションにコミットしていきます。仮想通貨市場は長期的に成長・繁栄していくでしょう」

ジェミニは2015年、NYDFSから仮想通貨取引所の運営ライセンスである「BitLicense」を取得している。BitLicenseは、運営に反マネーロンダリング、資産管理、顧客保護、サイバーセキュリティなどの問題がないとされた企業にのみ与えられる。

ジェミニのタイラー・ウィンクルボス氏は、Zcashの取引許可が下りた喜びを語った。

「Zcashを扱うことが許されたライセンスを有する初めての取引所となったことを誇りに思う。我々はレギュレーションに沿って、ユーザーが安全にZcashの取引・保管ができるプラットフォームを提供する」

Zcashには2種類のアドレスがあり、Tから始まる公開アドレスと、Zから始まるプライバジーアドレスを使い分けることができる。公開アドレスでの取引データはオンライン上で確認することができるが、プライバシーアドレスでの取引データは非公開となっている。

ジェミニは両方のアドレスからの入金を受け付けるが、ユーザーは公開アドレスにのみ出金申請が認められている。プライバシーアドレスへの出金は、今後NYDFSと協議しながら進めていくようだ。

5月19日からZcashの入金受付を開始し、取引は22日から開始される。トレーディングペアは、ZEX/USD、ZEX/BTC、ZEX/ETHとなっている。またジュミニは、Zcashの他にライトコインとビットコインキャッシュについても取引許可を得ている。

プライバシー通貨の取引が世界の金融の中心であるNY州で認められたことは、他の地域の規制方針にも今後影響を及ぼす可能性は十分に考えられる。NY州はZcashを個人のプライバシーにフォーカスした仮想通貨であるとみており、必ずしも犯罪と結びつくものではないと考えている。仲介業者を介さず個人間で利用することができるプライベート通貨としての可能性を見出しているようだ。


NYDFS


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!