2018.05.17 (Thu) news

米SEC、偽ICOサイトを立ち上げ投資家に注意促す

Written by 真田雅幸

米証券取引委員会(SEC)は、投資家に注意を促すためのICOのウェブサイト「howeycoins.com」を開設した。ICOトークンはHoweyCoinsと呼ばれ、旅行の際に貯まるポイントがお金として換算されるため、投資目的にも使えるとの内容が記載されている。実際に購入しようとすると、SECの公式サイトにリダイレクトされ、ICO詐欺の見分け方を教えてくれる。

SECはサイトを立ち上げた目的を、「聞こえが良すぎる投資案件は詐欺であることが多いことを投資家に呼びかけるため」だとしている。サイトでは、トークンは毎日1%の価格の上昇が見込まれており、年率で最低でも7%〜15%の上昇を保証すると説明されている。

サイトには投資家を引きつけるために、「仮想通貨の技術を使ったデジタルエコノミー」「ブロックチェーン技術を旅行業界に応用、利益の保証」「大きな可能性を秘めている、新たなインターネットの革命」などのワードが使われている。

今回のSECの偽ICOは、一般のICOの販売にはよくみられるディスカウントセールがあったり、プレセールの期限を決めてカウントダウンすることで投資家の購入を催促するような仕様もそっくりに作られている。

SECはICOに関して複数の注意すべき点を挙げた。

ICOは個人やプロジェクトがインターネットを通じ、今までより簡素に資金調達を行うことができるようになる可能性を秘めている。一方、その利便性を悪用し投資家を騙すICOが増えているのが現状だ。またICOを行う側も投資家も、正しい市場の参加方法を模索中である。

SECは投資家の金融リテラシーを高めることで、ICO詐欺被害を減少させようとしている。SECの今回の動きをみると、現在は問題点があるものの、ICOには将来性があると踏んでいるとも受け取ることもできるだろう。


Howeycoins


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。