2019.07.26 (Fri) news

FBIがLong Blockchainのインサイダー取引疑惑を捜査

Written by 真田雅幸

米連邦捜査局(FBI)は、2017年にLong Island Iced TeaがLong Blockchainに社名を変更した際にインサイダー取引が行われていた可能性があるとみて捜査を行っている。2017年12月に企業名を変更したLong Blochainの株価は一時約300%上昇している。

分散型台帳技術へビジネスのフォーカスをシフトすることが企業名の変更理由とされていた。Long Blockchainはすでにナスダックから上場廃止されている。

FBIの捜査によると、インサイダー取引と証券詐欺の容疑で逮捕されていたOliver Lindsay容疑者とGannon Giguiere容疑者がLong Blockchainと関係していた。FBI捜査官が押収したiPhone内に残っていたメッセージデータからインサイダー取引疑惑が浮上した。企業名の変更前に投資会社を通じてLong Blockchainの株式が直接取引されていたことがわかっている。

FBIは「パンプ・アンド・ダンプ」スキームと呼ばれる株価操作が行われていたと考えており、当時のバズワードであったBlockchainを企業名に追加することで不当に株価を吊り上げる行為が行われていたと見ている。

インサイダー取引に関与していたトレーダーは、企業名を変更する前の安価な株を取得し、企業名変更の発表後の株価高騰後に売り抜けていた。

Vanderbilt UniversityのJoshua White助教授は「ブロックチェーンのような新しい技術にはハイプが付き物で詐欺師達に利用されることがよくある」と話す。アメリカ市場では、昨年頃から合法化の流れを受け大麻関連ビジネスの企業の株価が急騰する場面が多くみられる。

市場では、投機を煽る「仕手」と呼ばれる市場の仕掛け人が存在する。最近ではZOOM Video CommunicationsのIPO直前、似た名称のZoom Technologyの株がパンプされ400%以上株価が上昇している。Zoom Technologyの株価は2014年頃から今年まで0.1ドルほどで取引されていたが、現在は4.7ドルほどで取引されている。

ZOOM Video CommunicationsのIPO当日にZoom Technologyの株はダンプされ、価格は高値から約50%ほど下落している。

暗号通貨市場では、2017年頃にビットコインからハードフォークを行ったコインが多く作られ市場で売買されている。ビットコインと勘違いして購入した投資家もいたのではないだろうか。市場では投資家へ誤った情報を発信し利益を得ようとするものも少なくないため、常に情報の真偽を確かめる必要がある。


Quartz


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。