2017.05.11 (Thu) news

MIT DCI、ライトニングの軽量クライアント実装「Lit」をリリース

lightning

Lightning Labsの開発者でありMIT DCIに所属するTadge Dryja氏は、ライトニングネットワーク(LN)の軽量クライアント実装「リット」(Lit)をオープンソースとして公開した。

リットは他のLNクライアントと異なり、フルノードを立ち上げる必要がない。ソフトウェアはスタンドアロンで稼働し、それ自体がウォレット機能も備えているため、スマートな開発者はこれまでよりも簡単にライトニングネットワークに触れることが可能となった。

既存のLN実装として有名なソフトウェアにはBlockstreamのLightningdや、Dryja氏も所属するLightning LabのLndがある。これらのフルノードを前提としたソフトウェアはセキュリティ面で軽量クライアントよりも優れているが、必ずしもすべてのユースケースにおいてフルノードが必要なわけではない。また、フルノードを維持するには相応のネットワーク/ストレージコストも掛かるため、特定の開発用途には向かない場合もあった。

「このようなケースは、新しいシステムをテストする際に顕著です。」と、Dryja氏は述べる。「テスト用に数十GBのデータを誰がダウンロードしたいと思うでしょうか。リットはさらに、ブロックチェーンに接続するための色々なオプションも備えています。」

Dryja氏によれば、リットは現在ビットコインのtestnet3と、ライトコインのtestnet4でテストすることができる。Segwitアドレスには、BIP173で定義されたチェックサムされたBase32(Bech32)を用いており、ローカル環境でのテストにも対応しているようだ。

現状のLN実装の前提となるSegwitは、ビットコインでは依然として有効化されないものの、ライトコインやモナーコインのようなアルトコインでは既に有効化されている。リットクライアントの登場は、ライトニングネットワークの実用化をさらに前進させることだろう。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。