2015.08.07 (Fri) news

アメリカのオンラインリサーチ大手Qualtricsがビットコインによるリワードの導入を開始

スクリーンショット 2015-08-07 17.33.18

アメリカ・ユタ州に本拠を置くオンラインアンケートサービスQualtricsが、アンケート調査に答えた人への報酬としてビットコインのオプションを追加したことが明らかとなった。

このサービスでは、ユーザーはこれまでアンケートに答えることでTangoポイントを受け取ることができ、アマゾンギフト券などの商品券に交換できるシステムを採用していたが、今回、同社はビットコインのウォレット・決済サービスを提供するSNAPCARDの機能を加え、リワードで受け取ったポイントをビットコインに交換できるようになる。

また、SNAPCARDはTango cardと提携したことで、マイクロソフトのBing Rewardへビットコイン受け取りのオプションも追加した。マイクロソフトは昨年末、北米限定でオンライン決済手段としてビットコイン決済も導入している。

Qualtricsの事業戦略部部長であるマイク・モーガン氏は、ビットコイン導入の理由として、ビットコインのユーザーが30代以下に多く固まっていることから、ミレニアル世代の取り込みを狙いとしていると述べた。最近では、市場調査の対象であるメインの層、いわゆるインターネットネイティブと呼ばれるような人々の需要が高まっていることもひとつの理由だが、モーガン氏の意図はそれだけではない。

「ミレニアル世代は、いまビットコインに起こっているムーブメントに最も迎合し、精通している人々だと私は考えています。彼らのような人々は、今後、未来に求められる多くの洞察をもたらしてくれることでしょう。」


Qualtrics: Website


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!