2015.08.25 (Tue) news

Xapo、BitPay、Circle、Blockchain.infoが『BIP101』の支持表明を行う

blocksize-graph

「フォークは40億ドルを賭けたチキンレースだ。それが賢人が言い出したことであってもすべて委ねてしまうことは賢いことではない。」 - Adam Back(Blockstream共同創業者)

bitcoinjの開発者として知られるMike HearnとコアデベロッパーGavin AndresenがリリースしたBitcoinXT(BIP101)により強行投票に持ち込まれたスケーラビリティ論争。ブロックサイズ引き上げのプランに関してBitPayやBlockchain.info、Circle、Xapoのようなスタートアップが賛同するのに対し、Gregory MaxwellやPieter Wuille、Peter Toddを始めとする開発者やビットコインネットワークのインフラストラクチャの構築に携わる人々や企業はこれに異を唱え、コミュニティ内で対立が発生している。

ビットコインのスケーラビリティに関する議論は2013年の冬より行われてきたが、2014年10月にGavin Andresenがブロックサイズを20MBに拡張し、以後段階的に引き上げる「Scalability Roadmap」を公開して以来、議論が進展したのは今年の春になってからだった。

BitPay、Blockchain.info、Circle、KnCMiner、Bitnet、Xapo、Bitgoの7社は最近、共同で『BIP101』の支持表明を行った。また、今年の6月には中国のビットコイン企業 -BTCChina、Huobi、Antpool、F2Pool、BW.com- の5社による8MBのブロックサイズに合意する内容の共同署名を実施(BIP101に賛同したわけではない)。他方では、Slush Poolが率先してBitcoin XTを採用したマイニングプールの解放を行い、既に5%のマイニングシェアが確認できる。

Xapo Blog - XAPO JOINS IN WITH INDUSTRY LEADERS TO SUPPORT BIP101 / Aug 24
Blockchain blog - Industry Endorses Bigger Blocks and BIP101 / Aug 24
BitPay blog - Increasing the Block Size Limit / Aug 20
data.bitcoinity.org - Blockchain blocks version

「我々はBIP101をサポートします。現在より大きなブロックサイズの必要性と、その実現可能性に関してGavinの提案にはとても説得力があります。8MBのブロックとBIP101に関しては既に過半数の事業者とマイナーがサポートしており、私たちは2015年12月にはラージサイズのブロックを受け入れる準備を完了していることでしょう。」

ビットコインには「優しい独裁者」モデルが通用しない

『XT』がリリースされる二ヶ月ほど前、ブロックサイズの引き上げに際して反発が多く、中々進展しない状況下にあったGavin Andresenに対し、Mike Hearnをはじめとする推進派は「もっと独裁的になるべきだ」とアドバイスした。ビットコインも他のオープンソースプロジェクトと同様に、コミッターが唯一の決定権を持っており、全体の意見を汲み取ることは不可能だからだ。

「ブロックサイズ引き上げの案を前に進めるために、マイクを始めとするたくさんの人達が、私にもっと独裁的になれと言います。私は、これを推し進めるために全力を尽くすつもりです。もし、それが嫌だと言うのならば、別のプロジェクトを探すべきです。」 - Gavin Andresen

しかしながら、騒動におけるコミュニティの発言や状況を鑑みるに、このモデルはビットコインに関しては当てはまらないということがわかってきた。ビットコインのエコシステムは通常のオープンソースプロジェクトとは異なり、数十万のシェアホルダー -マイナーやウォレット、取引所、個人サービス、BTCホルダーなど- が同じ価値を共有している。そのため合意形成が曖昧なまま移行し、意見の相違や準備不足でネットワークが分断されてしまえば、価値の基盤であるブロックチェーンの信用が毀損されてしまうことにもなりかねない。

このような問題を完全に回避することは難しい。しかしながら、ブロックサイズの引き上げをゴールとするのであれば、最小のリスクで移行するため分散コミュニティにおける合意形成プロセスの手法を確立する必要もあるだろう。Bitcoin XTに実装されている「ビットコインネットワーク全体のノード及びマイナーシェアの75%が採用した際にはじめてブロックサイズを引き上げるフォーク(BIP101)を実行する」投票手法は、その点で極めて革新的だ。

多くの反発があるなかで、ビットコイン業界を牽引する企業の多くがBIP101に賛同していることは非常に興味深い動向だ。BitPayのStephen Pair CEOは声明の中で、「2年ごとにブロックサイズを倍増させる計画についてはより深い議論が必要になるだろう」としながらも、「BIP101はビットコインコアにプルすべきだ」と強気の姿勢を表明している。


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!