2016.11.04 (Fri) news

ビットコイン一時10%下落 中国の規制報道を受け

btcusd

11月4日未明からビットコインの価格が大幅に変動し、745.58ドルから朝方にかけて一時80.54ドル(-10.8%)下落し665.04ドルをつけた。9月の終わりからおよそ20%上げた矢先のことだ。

ビットコイン下落の原因は、ブルームバーグ・ニュース(Imgur)を受けてのことだ。中国の政府当局が、中国から人民元が流出するキャピタルフライトの懸念をうけて、ビットコインを用いた送金の制限に向けて動き始めているとの情報を関係筋(people familiar with the matter)が明かしたという。

現段階では噂に過ぎず、事実確認はとれていない。ニュースソースは中国でビットコインに換金し、海外で売却しているとの当局の思惑があると説明している。また、ウォール街のウォッチャーは「継続する人民元安に合わせてビットコインをヘッジしているように見えなくもない」と、USDCNH(米ドル・オフショア人民元)とBTCUSDの価格を分析するにとどまった。

アナリストのテュール・デメスター(@tuurdemeester)氏らによれば、ニュースは投機的な目的のために利用されたのではないかとソースの信憑性を疑っている。中国経済誌JRJは、ブルームバーグにソースの確認を行なったが、返答は得られなかったとコメントしている。


ソース:
JRJ(中国)
CoinDesk


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!