2016.02.20 (Sat) news

【速報:非公式】香港で開催されたビットコインコアの会合でSegWitと2MBのハードフォークが合意 ※追記あり

bitcoin-ko

【UPDATE】公式発表がなされました。4月までにSegWitのリリース、7月にハードフォークの実装。来年7月までにハードフォークが実行されると確約されています。

2月20日、香港にてコア開発者、マイナーたちが集う非公開の会合が行われ、その中でビットコインコアによるSegregated Witness(ハードフォークを伴わないブロックチェーンの拡張)、およびハードフォークによるブロックサイズの拡張に関する合意が取れたとの速報がTwitter上で発表された。この会合には、少なくともAnt、BW、BitFury、F2Poolなどの主要マイナー、Peter Todd、Matt Coraldo、Cory Fields、Adam Backなどが参加した。

非公式の発表によれば、SegWitのリリースは4月に実施。また、6月中に控えるビットコインの採掘量半減期をまたぎ、7月にブロックサイズを2MBに引き上げるハードフォークのコードを承認する方向で進めることに合意したとのことだ。

BlockstreamのAdam Backによれば、ハードフォークは利害関係者の損失リスクが極めて大きく、またビットコインは民主主義ではなくほぼ全員の合意の上で進路を定めなければならないと指摘。その上で、これまでのスケーラビリティに関するおよそ一年のプロセスは無駄ではなく、問題を明確にし解決するための道筋を立てることができたという。

また、BW、Ant、BitFuryなどはもともとBitcoin Classic(ブロックサイズを2MBに引き上げる代替ハードフォーク)に賛同し、Bitcoin Classicによるハードフォークを推進する姿勢にあったが、Bitfuryは代表し、「コア開発チームによるオフィシャルなハードフォークがなされるのであれば、コア開発についていく」と話した。

BTCCのCOOであるSamson MowがTwitterを介して伝えたところによれば、Adam Backはハードフォークに対して否定的な姿勢を保っていたものの、マイナーを主体にハードフォークは避けられない空気で推し進められたようだ。本件の合意は、どちらかと言えばコア開発チームがマイナーやコミュニティに譲歩した形となる。

いずれにしても、この合意が信頼できるのであれば大きな進展だ。正式な合意がなされたのならば、今後ビットコインのコアチームによる公式アナウンスが実施されるだろう。

「ビットコインの健全性は事業者の公益に勝る。我々は今すぐに行動を起こさなければならない。」 - AntMiner


香港ミーティング - スライド
reddit

追記リンク:Satoshi Roundtable


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!