2016.04.18 (Mon) news

BTCNウィークリーニュース 2016/04/18 ~ ユアーズ/住信SBIネット銀行/AirBnB/規制/セグウィット

Cf3T7SdUUAEZ6pM

2016/04/15(金) - 分散型のコンテンツキュレーションアプリ「Yours」が新たなバージョンを公開した。別々のノードで立ち上げられたYoursを通じてコンテンツがマネージされ、ビットコインが即時に送金され分配されていることがわかるデモンストレーションを見ることができる。「Making It, Yours」を掛け声に作られたYoursは、ライアン・X・チャールズ氏が開発した分散型SNSプロトコル「Datt」を元にしたものだ。これが一般化すれば、あらゆるコンテンツがプラットフォームに依存せず、簡単にマネタイズできるようになるだろう。(BTCN

2016/04/14(木) - 住信SBIネット銀行がブロックチェーン「mijin」を利用し、勘定系システムでの実用性を実証したことを明らかにした。3ヶ月に及ぶ実証実験では、ブロックチェーンの可用性や耐障害性、攻撃耐性などを試験し、すべてにパスしたとのこと。現実環境を想定した中程度トランザクション業務での応用事例は、世界的に見ても初めてだ。(BTCN

2016/04/13(水) - AirBnBが、ビットコインの投げ銭サービスChangeTipを開発するChangeCoinをアクハイアしたことを明らかにした。ChangeTipのコードは買収せず、ビットコインの技術者だけを雇い入れた形になる。同社の思惑としては、明言はされなかったものの、ブロックチェーン技術をAirbnbのサービス基盤に組み入れたい考えがあるようだ。(BTCN

2016/04/12(火) - ワシントンDCに本拠を置くビットコインアドボカシー、チャンバーオブデジタルコマース(CoDC)が発起人となり、欧米アジアの4つの営利団体が手を組み「国際ブロックチェーンフォーラム」を立ち上げた。ビットコインは現状、どの国においても明確な法整備がなされておらず、スタートアップは監督官庁とそれぞれが交渉を続けている状況が続いている。CoDCの代表を務めるペリアンヌ・ボーリング氏によれば、「このようなプロセスは独立しておらず、画一化できる」とのこと。(BTCN

2016/04/11(月) - ビットコインの開発者のひとり、ラスティ・ラッセル氏がSegregated Witnessの実装に伴うビットコインアドレスの新フォーマットを提案した。ビットコインの普及が進む中で、スマホでの利用者が増えBase58でフォーマットされた現在のビットコインアドレスは可読性が悪く、また入力のしにくさ、可変長であるが故の扱いにくさを危惧してのことだ。新フォーマットでは任意の接頭語が付与され、大文字のない英数字40文字(または60文字)がたたき台として提案された。これには、Lightning Networkで実装予定の可読性の高いbase32が利用されている。(BTCN



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!