速報 breaking Page 1 - 331

    2019.10.16 (Wed)

    • 2:02
      BIG4エグゼクティブ、「ブロックチェーンの課題はプライバシー」

      アーンストアンドヤング(EY)のエグゼクティブはブロックチェーンコミュニティがプライバシーの問題を解決できれば、ブロックチェーンは商業において革命を起こすと考えているとのこと。EYのグローバルイノベーションリーダーであるPaul Brody氏は「ブロックチェーンは、個々の企業だけでなく、ビジネスエコシステムとネットワーク全体を結び付けるツールになるだろう」と語った。参照元

    • 1:50
      UAE金融当局、暗号通貨規制に関するフィードバックを募集

      アラブ首長国連邦(UAE)証券商品局(SCA)は、暗号資産の規制案を公開した。SCAの公式声明文によると、最終草案の提出前に投資家、ブローカー、金融アナリスト、研究者、メディアなどから提案に対するフィードバックの提供を求めている。参照元

    • 1:45
      ピーターティール、再生可能エネルギーを利用したマイニングを支援

      ビットコインがエネルギーを浪費しているという議論に対しLayer1のCEOアレクサンダー氏は風力発電を利用したマイニングを行うとして資金調達を行なったとのこと。同社の評価額は2億ドルで、5000万ドルの資金を調達しており、投資家の中にはピーターティール氏なども含まれているとのこと。参照元

    • 0:19
      Longhash、仮想通貨関連計画が倒れる原因を調査

      ブロックチェーンの教育プラットフォームLonghashが、仮想通貨関連プロジェクトが倒れてしまう原因などについて、仮想通貨の「死因」データを集積するCointopsyなどのデータを用いて調査を行なったところ、計画倒れとなる最大の原因は放置であり、また、同原因で失敗する計画は、平均で1.7年存続するという結果がでた。参照元

    2019.10.15 (Tue)

    • 23:13
      ナスダック、取引高の詐称などをAIで取り除いたインデックスを追加へ

      ナスダックは実際の取引高上位200の通貨に対して、ニューラルネットワークによって取引高の詐称などの影響を取り除いた算出された取引高上位100の通貨を用いたCryptoindex社が提供するCIX100インデックスをリストアップしたと発表した。参照元

    • 23:07
      ウェールズ、地元の中小企業支援のためのローカル通貨をテストへ

      イギリスのウェールズ政府は、ローカル通貨によって中小企業支援を行うプランに対して10万ポンドの補助金を提供したことを明らかにした。イタリアのサルデーニャ地方では似たようなサービスがひとまずの成功を収めており、追随する形での試験運用を目指す。参照元

    • 23:04
      韓国、貿易戦略の一環に「貿易金融のブロックチェーン化」を位置付け

      韓国政府は「デジタル貿易開発計画」と題されたレポートを発表し、5G回線およびAIの活用に加えて「貿易の契約や税関とのやりとり物流までワンストップで取引可能なブロックチェーンベースの貿易金融プラットフォーム」の開発が重要であるとの見方を示した。参照元

    • 22:59
      スイスの貴金属取引大手が金ペッグのトークンをBitcoin上で発行

      スイスの貴金属取引大手のMKSは、ブロックチェーン技術のスタートアップCoinSharesおよびウォレット大手のBlockchain社と共同でBitcoin上にDGLDネットワークと呼ばれるサイドチェーンを構築し、金と1:1でペッグされたトークンをおよそ2000万ドル分発行したと発表した。参照元

    • 22:53
      「satoshi」がオックスフォード英語辞典に追加

      Bitcoinの最小単位を表す「satoshi」がオックスフォード英語辞典に追加したことを明らかにした。この単語はBitcoinの開発者と言われているナカモトサトシから取られている。参照元

    • 18:59
      BTC開発者、BTC保管コストは年2.1%と算出

      Bitcoinの開発者のTamas Blummer氏は14日medium上で、Bitcoinを保有し続けることにかかる費用(キャリーコスト)は年2.1%だと述べた。トランザクションに必要な手数料のほか、マイニングによる発行分によって全体の価値が薄まることによる価値減少について指摘している。参照元