速報 breaking Page 115 - 196

    2018.11.10 (Sat)

    • 12:54
      カナダのマイニング企業、870万ドルの損失

      カナダのBitcoinマイニング企業であるHut 8 Miningは第三四半期の業績について発表したが、収入は670万ドルと大きく伸ばしたが、Bitcoinの市場価格低迷から設備の大幅な刷新や増加に伴う設備の減価償却費を賄うまでは伸びず、870万ドルの損失となった。参照元

    • 12:54
      BraveのBATトークン、20%下落

      ブロックチェーンベースの Webブラウザ、BraveのBATトークンはCoinbaseが上場する考えを表明した7月に3割ほど価格を伸ばした後低下し続け、上場開始となった昨日は一旦大きく上昇したものの、20%ほど下落しほぼ元の価格に戻った。参照元

    • 11:57
      Ethereum、次のハードフォークを1/16に予定か

      Ethereumの次のネットワークハードフォークである「コンスタンティノープル」は、当初11月に予定されていたものの予期せぬ仕様変更などにより延期していたが開発者によると1/16を目標に行われるという。ただし今後の開発の状況によっては延期の可能性もある。参照元

    • 11:34
      Binance CEO「ビジネスは順調」

      Binance CEOのCZ氏は、YouTubeに公開されたCNBCアフリカのインタビューで「仮想通貨取引は世界的には下火になり、Binanceも50%ほど減少したものの、数年前の数倍の取引量を維持しており自社のビジネスには問題ない」と説明した。参照元

    • 11:31
      韓国でICO出口詐欺 270万ドルが消える

      Ethereumのマイニングの権利をトークンとして発行し、出資者に利益を還元すると謳っていた韓国のPure Bitと呼ばれるICOが投資家から130 ETHあまりをプライベートセールで受け取った後、ウェブサイトが削除され連絡が取れなくなる事態が発生した。出口詐欺とみられる。参照元

    2018.11.09 (Fri)

    • 22:46
      ベネズエラの大臣、「ペトロはOPECの中心になる」

      ベネズエラの石油担当大臣で国の石油会社の社長でもあるマヌエル・ケベド氏はツイッターの中で「2019年のOPECでは石油に紐づけられた仮想通貨としてペトロがその中心になるだろう。」と発言した。同国は来年からペトロと紐づけられた石油の輸出を始めるとしている。参照元

    • 22:16
      Consensys、AWSと企業向けプラットフォーム開始

      Consensysは、Amazon Web Services(AWS)と共同で企業のブロックチェーン実装を行うためのプラットフォーム「Kaleido Marketplace」を開始した。AWSクラウドにアクセスが容易なだけではなく、フロントエンドの多くまで簡単に実装できると説明している。参照元

    • 22:10
      カナダの金融機関、仮想通貨保管システムのβテストを完了

      カナダの金融機関であるVersaBankの子会社が、金融機関が顧客の仮想通貨を保管する際のツール「デジタルボールト」のベータテストを完了したことを発表した。このシステムでは金融機関側は顧客の仮想通貨の情報を分散されたサーバーで保持するが、顧客の仮想通貨情報にアクセスしたり、変更することはできない。参照元

    • 18:48
      ハードウェアウォレットTrezor、新たにRippleなど10種以上のサポート追加

      ハードウェアウォレットとして人気の高いTrezorは、同社のTrezor Model TとTrezor Oneの二つのモデルでサポートする仮想通貨の種類を増やすファームウェアアップデートを行うと発表した。RippleをはじめZcashやLiskなどがサポート範囲となる模様。参照元

    • 18:48
      カナダのブロックチェーン企業85MW規模のマイニング工場を運用開始

      カナダのブロックチェーン企業であるDMG Blockchainソリューションズは、同国内で北米内では最大規模となる最大85MW規模のマイニング用設備の運営を開始したと発表した。カナダは水力発電が多いため電気代が安く、マイニング業者が増えている。参照元