速報 breaking Page 156 - 158

    2018.07.04 (Wed)

    • 17:35
      ビットコイン、6500ドル水準付近で安定化

      20カ所を超える取引所での平均価格を算出している情報サイト「コインマーケットキャップ」の情報によると、日本時間14時35分の時点で、ビットコインは2.31%値下がりし6495ドルの値をつけている。暗号通貨の取引量で最大の取引所「バイナンス」では、ビットコインは2.19%下落し6482ドルとなっている。

    • 16:35
      Binanceサービス再開へ CEOが発言

      BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏は、システムメンテナンスが完了したとし、「30分以内(17時)に再開する」と発言した。メンテナンスの理由は「後に詳細を公表する」とされている。

    • 15:40
      GMO、6月の仮想通貨マイニング報酬を公表 上半期収益は16.5億円

      GMOインターネットが6月のマイニング報酬を公開した。6月のハッシュレートは384PH/sで、前月比28.43%の上昇。価格が下落したことで、単月収益ではマイナス4%の結果となったが、報酬で得たビットコイン、ビットコインキャッシュの量はそれぞれ11.86%、67.57%増加している。

    • 15:35
      Binanceの取引停止、SYSコインの異常取引が原因か 

      Binanceが取引停止、メンテナンス中となっている問題で、メンテナンス前に一単位あたり0.00004BTCだったSYSコインが96BTCで取引されており、SYSコインの共同開発者である Sebastien DiMichele氏もBinance上の預金に問題がある可能性が高いとの見解を示している。

    • 12:28
      BinanceのCEO、ハッキング等盗難について否定か。

      先ほどのAPIキー再生成可能の話題に関して、BinanceのCEOであるCZ氏(Changpeng Zhao氏)が12時24分に「 Funds are safe.」とツイート。この発言の真意はわからないものの、噂される暗号通貨の盗難などについて否定している可能性もあり、同氏の発言は要注目だ。

    • 12:23
      Binance、APIのキー生成を再開

      メンテナンスが続いているBinanceによると、本日12時14分既存のAPIキーを一度全て削除し、APIユーザーは再びユーザーアカウントセンターからAPIキーの再生成が可能になった模様。
      依然として取引再開はしておらず、取引再開等については別途アナウンスをする予定。

    • 12:12
      韓国老舗ポイントシステム会社、暗号通貨の利用を検討

      韓国で最も歴史があり、最も人気のあるマイレージポイントプログラムであるOKキャッシュバックの運営会社は、ユーザーが貯めたキャッシュポイントを暗号通貨として利用できるようにするプロジェクトについて検討しはじめている模様。

    • 10:22
      Binanceが緊急メンテナンス

      Binanceが9時半頃、緊急メンテナンスに入った。SYS/BTC市場で異様な取引があったことや、その後Binanceのホットウォレットから7000BTCが流出していることから攻撃が疑われている。Syscoinチームは同一アドレスが大量のブロックを採掘していることを検知したと発表している。

    • 10:12
      米Coinbase、ニューヨーク証取・元幹部を招聘 仮想通貨の不正モニタリング体制構築に

      米Coinbaseが3日、コインベース取引監視プログラムと呼ばれるマーケット・モニタリング・チームを立ち上げていることを発表した。証券市場と同水準の監視を目指す。似た取り組みには、米Geminiが以前、NASDAQ Smartsを導入し見せ玉、仮装売買などの防止に動いていたことが挙げられる。

    2018.07.03 (Tue)

    • 22:30
      EU圏でのBCH/USD取引、800ドル以上まで上昇も下降中(CoinDesk)

      CoinDeskにおける本日7/3の EU圏内でのBCH/USD取引では、昨日より価格の上昇が続き、一時期831ドルまで上昇したものの、その後反転して下落を続けており、前日の安値(722ドル)を下回った場合、650ドル付近まで価格が下がる可能性もあるとして見ている。