速報 breaking Page 167 - 344

    2019.06.07 (Fri)

    • 5:51
      取引所のSFOX、仮想通貨市場の安定度を引き下げ

      取引所のSFOXは、独自のボラティリティの評価指数が悪化したことを報告し市場の見通しを「緩やかに強気」から「不透明」に引き下げた。また五月のBitcoinの値動きはS&P 500と完全な負の相関が見られ、ヘッジ資産としての役割があることを宝庫k空いている。参照元

    • 5:44
      ロシアのニッケル製鋼所とIBMが共同で研究所を開設

      ロシアの大手ニッケル製鋼所のNorilsk Nickelは、モスクワ物理技術研究所(MIPT)とIBMと共同で鉱業向けの情報技術の開発および人材のトレーニングを行う研究所を設立することを発表した。ブロックチェーンやIoTの技術を学び、開発することで生産性の向上を図る。参照元

    • 5:38
      Poloniex、マージン取引の貸付プールのうち1350万ドル相当を損失

      仮想通貨取引所のPoloniexは、5/26にマージン取引が行われているClams(CLAM)市場が一気に77%下落したため、ロスカットが追いつかず、マージン取引の貸付プールの1,800 BTCの損失が生じたことを報告した。現状、貸し付けたユーザーのアカウントのBTCが減っている状態であり、Poloniexは他の方法も模索しているという。参照元

    • 1:16
      上場企業で初めて株主総会の議決権投票にブロックチェーンが導入される

      ソフトウェア開発会社のアステリアは、三菱UFJ信託銀行の協力を受けて株主総会の議決権投票にブロックチェーン技術を適用した。上場企業としては世界初の事例だといい、今後もブロックチェーン投票システムを様々な業界に展開することを目指すという。参照元

    • 1:04
      元Bitmain CEOが暗号通貨のOTCプラットフォームを来月にもローンチか

      暗号通貨マイニング企業であるBitmainの元CEO、Jihan Wu氏が来月にもOTCプラットフォームをローンチする可能性があるとThe Blockが報じた。情報筋によると社名はMatrixであり、また、同社のOTC取引はビットメインから後押しされる可能性が高いとのこと。参照元

    • 0:37
      マイクロソフトがブロックチェーン、AIを利用した農業用プラットフォームをブラジルで展開

      AI、IoT、Blockchain、ビッグデータ、ドローンなどのテクノロジーを利用した農業用のアプリケーションであるFarmBeatsがブラジルでも展開されることが発表された。マイクロソフトが提供するFarmBeatsはアメリカ、ケニア、インド、ニュージランドではすでに利用されており、水の使用量を30%削減することに成功している。参照元

    • 0:21
      HodlHodlがLightning Networkサポートを開始

      P2PのBitcoin取引所であるHodlHodlがLightning Networkのサポートを開始することをミディアム上の公式ブログで発表した。公式ブログによると、ライトニング用のウォレットを利用したBitcoinの売買が可能になるという。参照元

    • 0:07
      Cryptohopperを模したマルウェアサイトが発見される

      Bleeping Computerの報告によると、ユーザーが自動暗号通貨取引を実行するためのツールを提供するCryptohopperを模したマルウェアサイトが発見された。サイトを訪問すると、自動的にウイルスがダウンロードされ、実行されるとトロイの木馬がインストールされるとのこと。参照元

    2019.06.06 (Thu)

    • 22:23
      バンクーバーでBitcoin ATMの利用禁止が検討か

      バンクーバーで、Bitcoin ATMは「理想的なマネーロンダリング手段」だとして、市長が利用禁止を提案し、議会で検討されている。2019年第4四半期に議会で報告が行われる予定だという。参照元

    • 22:09
      韓国の郵便事業、請求にブロックチェーン技術の利用を計画

      韓国の郵便事業は、ブロックチェーン事業を行う2社と提携してブロックチェーン技術を請求サービスに利用することを計画している。韓国政府が8億ウォンの支援を行うことも決定しているという。参照元