速報 breaking Page 186 - 212

    2018.08.26 (Sun)

    • 22:29
      イラン、国家による暗号通貨事業の草案を準備

      イランの国立サイバースペースセンターでは、国家主導で行われる暗号通貨事業に関する計画の草稿を準備中であると報じられた。イランでは大統領の指示もあり、国家による暗号通貨事業に向けた動きが活発化している。

    • 22:29
      インド、仮想通貨取引の禁止にも関わらず取引量増加へ

      インドでは中央銀行であるインド準備銀行によって、仮想通貨取引所の運営など仮想通貨を取り扱うサービス提供が禁止されているがP2P取引による顧客同士の仮想通貨の取引サービスが次々と開発されており、仮想通貨取引はむしろ増加しつつある。

    • 13:45
      カナダの暗号通貨のETFが9月に開始か

      カナダのバンクーバーを拠点とする暗号通貨取引ファンドのFirst Block Capitalは暗号通貨のETFを今年の九月からAequitas NEO Exchangeという取引所で上場する見込みであると発表した。同社はウォルマートが出資している。

    • 13:45
      オハイオ州政府がブロックチェーン産業に関心

      アメリカのオハイオ州議会の議長ライアン・スミス氏は今月の23日、記者会見でブロックチェーン技術の経済への応用可能性について多分野の専門家を招いた会議を行なったと発表し、個人証明などの行政サービスにも応用する考えを示した。

    • 10:56
      Cardano、独自のプログラミング言語に関するプレスリリース

      スマートコントラクト開発を可能としているブロックチェーンプロジェクトであるCardanoは、独自のプログラミング言語であるMarloweに関する文書をリリースした。同プロジェクトはSolidityなどの言語を有するイーサリアムに肉薄したい考え。

    • 10:49
      Binance、欧州での仮想通貨取引合弁事業に参加

      仮想通貨取引所最大手のBinanceは、リヒテンシュタインのLiechtenstein Cryptoassets Exchange (LCX)とのジョイントベンチャーを設立し、仮想通貨とスイスフランなどのフィアットとの交換を行うBinance LCXを実施する予定と報じられた。

    • 10:49
      北朝鮮、暗号通貨およびブロックチェーンの会議を開催予定

      北朝鮮では10月に平壌で専門家を招いて暗号通貨およびブロックチェーン技術に関する会議を開く予定だ。
      北朝鮮は国際的な制裁を受けていることもあってか、最近暗号通貨、ブロックチェーンへの動きを活発化させている。

    2018.08.25 (Sat)

    • 22:17
      Ethereum GenesisブロックからETHを受け取ったアカウント、ETHを売却か

      EthereumのGenesisブロックからETHを受け取ったとされるアカウントから、仮想通貨取引所である Bitfinexへ全額とされる約20000Etherの送金が観測された。おそらく売却の準備に入ったものと見られている。

    • 21:32
      BTCマイニング企業、サハラ砂漠に巨大風力発電所

      主にBitcoinのマイニングしている企業のSolunaは、BTCマイニングのためのクリーンな再生可能エネルギーを提供するために、サハラ砂漠におよそ37,000エーカーに及ぶ風力発電所を建設する予定だと発表した。

    • 12:15
      WeChat PayとAlipay、仮想通貨関係の支払いの禁止へ

      中国の巨大支払いプラットフォームであるWeChat PayとAlipayは仮想通貨の流通を禁止しようとしている中国の規制当局の規制に従い仮想通貨関係の決済について監視を強め、政府の規制に追いつく姿勢を明らかにした。