速報 breaking Page 212 - 244

    2018.09.05 (Wed)

    • 13:12
      経済協力開発機構(OECD) 事務局長、「国はブロックチェーンを理解し、スタンダードにすべきだ。」

      経済協力開発機構(OECD) 事務局長のエンジェル・グリア氏はOECD主催のブロックチェーン政策のフォーラムの開会式で、「ブロックチェーンは規制するものではなく、道具として捉え、国は理解してそれをスタンダードとして捉えるべきだ。」と発言した。

    • 13:09
      Google、Ethereumのデータセットをビッグデータ解析プラットフォームに追加

      Google Cloudのビッグデータ解析プラットフォームであるBigqueryは、新たにEthereumのデータセットを追加した。同データセットは毎日更新され、送金やトランザクション、アカウントなどを検索・追跡するAPIが利用可能だという。

    • 13:06
      イラン、マイニングを産業と認定

      イラン政府および中央銀行は仮想通貨のマイニング事業を正式に産業として認め、法的な位置付けや規制について今後定めていく方針を発表した。同国は経済制裁を受け、仮想通貨への動きを活発化させている。

    • 0:04
      Bitcoin Gold、Bittrexの上場廃止も影響なしと説明

      Bittrexへ12,372 BTGの支払いを拒否したことでBittrexから上場廃止されていたBitcoin Gold(BTG)は上場廃止になったものの、他の取引所で問題なく取引されており、BTGコミュニティ全体としての影響は少ないと説明している。

    2018.09.04 (Tue)

    • 23:30
      Mastering Bitcoinの著者、Bitcoin ETFに後ろ向きの見解

      Mastering Bitcoinの著者でBitcoinの支持者でもあるAndreas Antonopoulosは、Bitcoin ETFは長期的には投資家などによる価格操作の対象となりうる可能性があり、暗号通貨全体にとってマイナスなものになりうるとの見解を示した。

    • 23:22
      BTC価格インジゲータ8ヶ月ぶりの強気

      BTCの価格インジゲータであるMACDヒストグラムは長期的に見て、ゼロラインに達し、今年の一月から続いている弱気のトレンドから一転して強気のトレンドへと変化する可能性が強まってきた。

    • 23:19
      フィリピン、ICO規制の最終案を公開へ

      フィリピンの規制当局はICO規制の最終草稿を今月の中旬までに準備・公開するつもりであると発表した。
      証券としてではなく、日本と同じように取引プラットフォームとしての規制が入る可能性があるという。

    2018.09.03 (Mon)

    • 13:32
      ワシントン中部でマイニング業者のエネルギー料金50%値上げへ

      ワシントン州中部のグラント郡で暗号通貨のマイニング業者に対する電気料金をまず15%値上げし、その翌年に35%、最終的に50%値上げすることが決定された。背景にはマイニング業者が地区の電気の消費量のほとんどを占めていることがあげられる。

    • 13:32
      暗号通貨交換のBittrex、マルタのブロックチェーン企業の株式の10%取得

      暗号通貨取引所大手のBittrexはマルタを本拠におくパラジウムの10%の株式を取得したと報じられた。パラジウムは「規制に対応した暗号通貨取り扱いの総合プラットフォーム」の開発を目指しており、初のICCOを行なったことでも注目された。

    • 11:19
      Bitcoin Cash、ストレステストの結果、大量のトランザクションによって手数料増加は増加せず

      Bitcoin Cashは処理能力に関するデータ取得のためのストレステストを行い、EthereumRippleを超える210万件のトランザクションを処理させたが、平均手数料はほとんど上がらないことが確認された。