速報 breaking Page 3 - 149

    2019.03.19 (Tue)

    • 11:45
      先物価格データをLightningで支払うことのできるサービスを試験運用へ

      KrakenとBitMEXという二つの取引所の先物価格のデータをLightning Networkを用いてマイクロペイメントで代金を支払うことのできるサービスをSuredbitsというスタートアップが開始した。先物価格データは無料で手に入るデータだが同社は実験的な試みとして開始している。参照元

    • 11:32
      CoinMarketCap、新たなファンダメンタル指標を創出へ

      仮想通貨の時価総額や価格を見ることができる主要ツールの一つであるCoinMarketCapは、Fundamental Crypto Asset Score(FCAS)と呼ばれる市場の成熟度やユーザーや開発者の行動を見ることでその通貨の「健康度」を測定する指標となっている。参照元

    2019.03.18 (Mon)

    • 17:20
      Ethereum、ProgPoWを開発者会議で再び承認

      EthereumはEthereum保有者における投票においてほとんどがProgPoWを支持したという結果を元に、コア開発者の会議においてProgPoWを実装する方向でおおよその意見を固めたことを明らかにした。ただしまだ開発の日程等は明らかにされていない。参照元

    • 17:20
      Coinbase Pro、手数料値上げへ

      Coinbaseの機関投資家向けのプラットフォームであるCoinbase Proは市場構造を刷新するとして流動性を高めることを目的に新たな手数料の価格体系や注文の最大数の変更、逆指値(一定価格より高いと買い安いと売りとするもの)を無効にすると発表した。手数料は特にMaker Feeが値上げされる模様。参照元

    2019.03.16 (Sat)

    • 23:05
      アメリカの上場企業Riot Blockchainが取引所設立へ

      アメリカの上場企業であるRiot Blockchainが新たにRiotXと呼ばれる取引所設立を目指して証券取引委員会(SEC)に届け出を行なっていたことがSECの発表で明らかになった。同社は以前は異なる社名であったのを数年前に社名変更し、Blockchainの名前を冠している。参照元

    • 22:59
      SECのシニアアドバイザー、「ステーブルコインが有価証券の可能性」

      アメリカの証券取引委員会(SEC)のデジタル資産担当のシニアアドバイザーは、ステーブルコインが現行の証券法のもとでは有価証券に分類される可能性があるとのコメントをした。発行元が主体的に需給バランスを整えることで金融メカニズムを通して価格を一定の範囲内に収めているのが理由の一つとしている。参照元

    • 14:54
      ニューヨーク証券取引所の親会社、仮想通貨データフィードに大量の通貨の追加を示唆

      ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジは昨年ローンチした仮想通貨の価格などを追跡するデータフィードに1000種類以上にもなる大量の通貨を即時に追加する考えがあることをツイッター上で示唆した。参照元

    • 14:54
      保険大手のAXA XL、STOとクラウドファンディングのプラットフォームを発表

      国際的な保険大手のAXA XLとアメリカのスタートアップのAssurelyはエクイティ・クラウドファンディングやSTOを行うことで投資家のリスクを減らしながら企業側に多様な資金調達の手段を提供することを目的としたCrowdProtectorをプレスリリースで発表した。参照元

    2019.03.15 (Fri)

    • 22:44
      Stellar Foundation、元Mozilla COOをCEOに招聘

      Stellar Development Foundationは、Firefoxの開発などで有名な非営利団体であるMozillaのCOO(最高執行責任者)をCEO兼エグゼクティブディレクターとして招聘することを発表した。これまで代表を務めていたJed McCaleb氏は今後プロトコル開発や拡大戦略に注力して行くという。参照元

    • 22:37
      カナダ、仮想通貨規制の変更検討へ

      カナダの証券管理局と投資産業規制機関(IIROC)は、仮想通貨の規制、特に投資家のリスクを減らせるように取引所に関する規制を変更することを検討していることを明らかにした。背景にはCEOの死亡によりウォレットの秘密鍵を失くしてしまったQuadrigacxの存在がある。参照元