速報 breaking Page 3 - 45

    2018.09.16 (Sun)

    • 20:13
      ジェミニドルのコードレビュー:中央集権的である可能性

      ジェミニによって発表された米ドルとのStablecoinであるジェミニドルのコードレビューの報告によると、ジェミニによってアカウントを凍結・送金を制限したり、コインを無制限に生み出せるなどかなり中央集権的であると判明した。

    • 20:08
      世界経済フォーラム、ブロックチェーンが環境問題への応用可能性が高いと報告書

      世界経済フォーラムは9月14日に発表された報告書で、「特に緊急を要する」環境問題への応用事例をまとめた報告書を発表した。同報告書ではブロックチェーンは既存の環境問題対策の手法を改善されるだけではなく、全く変える可能性があるとしている。

    • 20:04
      報告書:アフリカのインフラ未整備は仮想通貨の浸透の障害に

      国際電気通信連合(ITU)の新たな報告書によると、アフリカではインターネットのインフラの整備がかなり遅れており、アフリカを含めたインターネットアクセスが困難な15億人に対するインフラ整備を行うと平均の3倍に当たるおよそ4500億ドルかかると試算され、第四次産業革命の障害になりうるとしている。

    2018.09.15 (Sat)

    • 23:21
      メキシコ、仮想通貨のルールを策定

      メキシコは9月10日に連邦政府官報でフィンテック産業の新法についての公布を行った。それによると仮想通貨やICOは中央銀行であるメキシコ銀行の許認可制で行われるという。ただ肝心のメキシコ銀行の認可基準はまだ確定していない。

    • 23:15
      仮想通貨プロジェクトの80%、既存のコードを剽窃

      中国の西安交通大学との共同研究で中国企業であるNetta LabがC ++コードの類似性調査を行ったところ、オープンソースコードを使用する488のうち80%に上る402件の仮想通貨プロジェクトのプログラミングコードで既存のプロジェクトからコードをコピーしていることが明らかになった。

    • 23:12
      Coinbase、150人の雇用計画

      仮想通貨取引所大手でユニコーン企業であるCoinbaseは新たに移転したニューヨークオフィスで積極的な拡大戦略を目指すと表明し、取引所業務は、今年の20人から来年に150人の従業員に業務を拡大し、セキュリティなどの充実を図る計画だ。

    • 23:09
      Lightning Labs、新アプリのアルファ版をリリース

      Lightning Labsは新しいLightningアプリケーションをリリースした。このアプリケーションは軽量クライアント向けに最適化されたり ブロックチェーンに馴染みがない人向けのUIなど一般向けに最適化された内容になっている。

    • 15:16
      Bitpay CCO、アルトコインに悲観的見通し

      Bitpay CCOのSonny Singh氏は、現状の仮想通貨市場についてゴールドマンサックスなど大企業のBitcoin参入を理由にBitcoin市場については楽観的な見方を示したが、アルトコインについては、現状ICOなど実質的に取引されていないものが多くアルトコインはBitcoinに押されるとの見方を示した。

    • 15:16
      ICOしたCofound.itが解散 資産はトークン保持者へ配布

      トークンがBitfinexなどで取引されているCofound.itは、市場が低迷する一方でトークンの増えすぎによる市場環境の悪化もありトークンエコノミー 構築がうまくいかないことなどを理由に、プロジェクトを解散することを決めた。そしてその資産はトークン保持者へ配布されるという。

    • 10:41
      SBI、Rippleベースのアプリケーション開発予定

      日本の大手FIntech企業であるiSBIホールディングスはMoneyTapと呼ばれる、Rippleベースの手数料なしで簡単に振込みができるアプリケーションを、2018年の秋をめどにiOSとAndroidの両方のバージョンでリリースすると発表した。