速報 breaking Page 61 - 135

    2018.11.02 (Fri)

    • 18:40
      Bitcoin ATMのCoinsource、ニューヨーク州のライセンス取得

      Bitcoin ATMの運営を手がけているCoinsource社は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からBit lisenceとも呼ばれている仮想通貨の取り扱いに関するライセンスを取得したと発表した。これにより正式にATMサービスを提供できることになる。参照元

    • 18:40
      P2P取引所、アフリカで一年でユーザー数200%増以上

      P2Pでの仮想通貨取引を行なっているPaxfulは、アフリカのユーザー数が一年で225%伸びたと公表した。他の地域よりも圧倒的に伸びが早く、ユーザー数がもっとも多い地域となり、毎月の平均取引額は6,450万ドルに登るとしている。参照元

    • 16:35
      Dogecoin、36%の低下

      「ジョークコイン(プロジェクトが裏にないコイン)」として知られるDogecoinは、10月に36%の価格低下が発生した。この価格低下は主要仮想通貨25種では最大の下げ幅である。ただしジョークコインということもあり定期的にそのような大きな変化が発生している。参照元

    • 16:34
      “godfather of ETFs”、「Bitcoin ETFの登場はもうすぐそこ」

      “godfather of ETFs”とも呼ばれているETFの専門家のReggie Browne氏は、自身の講演の中でBitcoin ETFについて証券取引委員会(SEC)がデータを把握できないために承認が難しく、業界での規制が制定されればすぐにでも承認されると語った。参照元

    • 16:34
      ナスダック、仮想通貨市場操作対策に自信

      ナスダックは報告書の中で、仮想通貨市場で問題とされている市場操作やスキャムなどの問題に対し、「これまでの豊富な経験」から不審な動きをするプレイヤーを捕捉可能であり、その技術は現にGeminiなど大手の仮想通貨関連企業でも利用されている、とし仮想通貨市場進出への自信をのぞかせた。参照元

    • 16:01
      香港の規制当局、規制に関する声明を発表

      香港の証券に関する規制当局である証券先物委員会(SFC)は、スキャムやずさんな取引所が活動している現状に対し、仮想通貨の取扱業に一定の基準を設けるライセンス制を開始することを表明した。この基準には秘密鍵の取り扱いなどにも触れられている。参照元

    • 16:01
      Ledger、BitcoinCashのサービス一時停止へ

      仮想通貨のハードウェアウォレットを提供しているLedgerは11月15日にBitcoinCashのサービスを一時停止すると発表した。同日に予定されているBitcoinCashのハードフォークに伴うもので、メインになるチェーンが登場し次第、再開すると発表している。参照元

    • 16:01
      Bithumb、米国の証券市場に進出へ

      韓国の大手仮想通貨交換所のBithumbは、ブロックチェーンでの寄付プラットフォームを提供するSeriesOneと提携して、米国での証券市場への進出を目指すと報じられた。SeriesOneのライセンスを活用したプラットフォームを来年の第四四半期をめどに開発していく模様。参照元

    • 16:01
      Bank Of America秘密鍵保護の特許提出へ

      Bank Of Americaはブロックチェーン関連の特許として、ハッキングの被害に遭いやすい秘密鍵を認証等のシステムから隔離したストレージに保管し、不正な侵入が見られた場合、秘密鍵をメモリから消すなどして秘密鍵を守るシステムの特許を申請したと発表した。参照元

    • 8:21
      Binance、ウガンダへの進出から一週間で4万ユーザー

      10月にBinanceが進出したウガンダでは、わずか一週間も経たないうちにユーザーが4万人を超えたと報じられた。ウガンダでは国民の70%以上が金融インフラを利用できず、仮想通貨はその代用とはなっていないもののウガンダ国民の一部の期待感は高いと見られる。参照元