速報 breaking Page 81 - 158

    2018.11.06 (Tue)

    • 20:54
      Bitmain、新しい7nmハードウェアをリリース

      中国に本拠を置く仮想通貨マイニング関連企業のBitmainはマイニング機器Antminerシリーズの新作として新しいASIC対応の7nmハードウェア、Antminer S15とT15の2種類リリースするとツイッターで発表した。同社は最新の「アクセラレーション」技術により効率的にsha256を計算できるとしている。購入可能になるのは11/8から。参照元

    • 20:45
      マーシャル諸島議会、政府発行のコイン推進派の大統領に不信任

      太平洋のマーシャル諸島共和国のヒルダハイネ大統領は、マーシャル諸島の法定通貨として仮想通貨を発行することを推し進めてきたが、議会に不信任決議案が提出された。仮想通貨に関しては国際社会からの批判も多く、それが原因の一つであるとしている。参照元

    • 20:42
      FIMMA、ビットコインのリスクカバレッジを800%に設定

      スイスの金融市場監督庁FINMAは、ビットコインのボラティリティの高さからビットコインのリスクカバレッジ(リスクへの対応が可能となる担保の量)をビットコインの市場価格の800%(8倍)として設定するのが良い、というアドバイスを公式に発表した。参照元

    • 16:18
      仮想通貨マイニング、実際の鉱業よりエネルギー消費

      ネイチャー・サステナビリティに投稿された新たな論文によると、Bitcoinなどのなどのマイニングは実際の鉱物を採取するための採掘作業よりも成果1ドルあたりにかかるエネルギー量がはるかに多く、エネルギー集約的であると結論づけた。参照元

    • 16:14
      中国中央銀行、規制をすり抜けようとするエアドロップに着目

      中国中央銀行は仮想通貨に関する報告書の中で、違法な資金調達として禁止されているICOの規制をくぐり抜けるためにエアドロップなどの無料の配布手段によってトークンを配布し、その後で価格をつけることで利益を得ようとしている動きが見られると報告した。今後新たな規制の対象となる可能性がある。参照元

    • 16:09
      BITMEX、BTCフォークモニタリングサイトを設置

      BCHのハードフォークが迫る中、BitMEXは、Bitcoin(BTC)とBitcoin Cash(BCH)のソフトフォークとハードフォークの両方に関する出来事を追跡するための、ForkMonitor.infoという新しいBitMEXがスポンサーとするWebサイトの立ち上げを正式に発表した。参照元

    • 11:48
      インド最大のコングロマリット、ブロックチェーン利用へ

      石油やガスなどのエネルギー事業を軸にインドで最大のコングロマリットであるリライアンスインダストリーズは、コンソーシアム型ブロックチェーンのR3のCordaを用いた従来は紙ベースだった貿易金融のデジタル化に取り組んでいると報じられた。参照元

    • 11:48
      ウィンクルボス兄弟、Bitcoin財団の一員を詐欺で告訴

      Facebookに対する訴訟やBitcoinへの投資で巨額の富を築き、最近ではGeminiドルのGeminiを所有するウィンクルボス兄弟は、Bitcoin財団の一員だったチャーリー・シュレムが、2012年彼のファンドへ渡した5000BTC分のドル(25万ドル)でBTCを購入せず横領したとして訴訟を起こした。シュレム側は全面否定している。参照元

    2018.11.05 (Mon)

    • 23:19
      トルコ当局、ウォレットのハッキングの容疑者を逮捕

      トルコの警察のサイバー犯罪部門は合わせて8万ドル以上のBitcoinのウォレットのアカウントを、電子メールの盗聴などの手段によってハッキングし、盗み出したとして11名の容疑者をトルコ含めイスラエルなどで逮捕することに成功したと発表した。参照元

    • 23:06
      Bancor、EthereumとEOSのクロスブロックチェーン取引へ提携

      Bancorは、プレスリリースによると自社のEOS向けDappsプラットフォームを用いてEOS上でEthereumの資産をEOSチェーンに移し変えることなく取引できるクロスブロックチェーンプラットフォーム作成に向けてEOSと正式に提携を結んだと発表した。参照元