速報 breaking Page 9 - 84

    2018.11.03 (Sat)

    • 15:34
      欧州議会議員、「ブロックチェーンは安全な分散化を提供できる」

      マルタブロックチェーンサミットでのスピーチの中で、マルタ出身の欧州議会議員(MEP)Roberta Metsola氏はブロックチェーン、特に分散型台帳技術を使用した分散化が本質的なセキュリティや透明性を提供するため「より安全である」との見解を示し、技術を理解して規制をかけていくべきと語った。参照元

    • 15:34
      Bitcoin Cash、24時間にわたるストレステスト

      今月中旬にハードフォークを控えたBitcoin Cashは、一般的なクライアントを用い24時間にわたって何千ものトランザクションを送信するストレステストを行なった。合計70万以上のトランザクションをランダムに送信した結果、多少の遅延が発生するも確率は0.2%以下に抑えた。参照元

    • 9:50
      分散型取引所IDEXがフルKYCを実施へ 規制当局の圧力

      分散型仮想通貨交換所のIDEXは、従来のプライバシーを重視した方針から米国などの規制当局の圧力を受け、取引量に応じた顧客の個人情報の開示を求めると発表した。一部の利用者からはDEXの意味がなくなると怒りの声も上がっている。参照元

    • 9:46
      Coinbase Pro、BATトークンを追加

      Coinbaseの機関投資家向けプラットフォームのCoinbase ProはブロックチェーンベースのブラウザであるBraveのトークンであるBATトークンをサポートに加えた。ETHやBTCなど仮想通貨とのペアで取引され、一般向けにはまだ追加されない模様。参照元

    • 9:42
      Ethereum Devconが閉幕

      プラハで開かれていたEthereum Devcon4が11/2に閉幕した。間近に控えたEthereumの最終アップデートであるsharding、PoSを特徴とするSerenityに関する話題が中心的となった会であった。その他、zk-SNARKsの改良であるSTARKsなど多くのセッションが行われた。

    2018.11.02 (Fri)

    • 20:26
      ジョン・マカフィー 、2020年の大統領選で「仮想通貨の宣伝」

      マカフィーの創設者でプログラマーでもあるジョン・マカフィーはインタビューの中で以前より噂されていた2020年に行われる大統領選出馬の意向を見せる一方で「大統領になることが目標ではなく、仮想通貨の宣伝を目的として出馬する。」と語った。参照元

    • 20:26
      仮想通貨投資会社、価格低迷にも関わらず3億ドル以上を調達

      仮想通貨投資会社のGrayscaleは第三四半期のレポートを発表し、その中で2018年に合計で3億3000万ドルの資金を調達していることを明らかにした。資金の内訳は機関投資家が6割近くをしめ、73%が同社のBitcoin投資ファンドへと流れた資金だという。参照元

    • 18:40
      Bitcoin ATMのCoinsource、ニューヨーク州のライセンス取得

      Bitcoin ATMの運営を手がけているCoinsource社は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からBit lisenceとも呼ばれている仮想通貨の取り扱いに関するライセンスを取得したと発表した。これにより正式にATMサービスを提供できることになる。参照元

    • 18:40
      P2P取引所、アフリカで一年でユーザー数200%増以上

      P2Pでの仮想通貨取引を行なっているPaxfulは、アフリカのユーザー数が一年で225%伸びたと公表した。他の地域よりも圧倒的に伸びが早く、ユーザー数がもっとも多い地域となり、毎月の平均取引額は6,450万ドルに登るとしている。参照元

    • 16:35
      Dogecoin、36%の低下

      「ジョークコイン(プロジェクトが裏にないコイン)」として知られるDogecoinは、10月に36%の価格低下が発生した。この価格低下は主要仮想通貨25種では最大の下げ幅である。ただしジョークコインということもあり定期的にそのような大きな変化が発生している。参照元