速報 breaking Page 98 - 249

    2019.04.03 (Wed)

    • 11:24
      鍵紛失のQuadrigaCX、監査法人が破産を支持

      現在閉鎖されているCEOの死去によって鍵を紛失したカナダの取引所のQuadrigaCXは、監査や顧客への資産の返却を担当するアーンスト&ヤング社から債権者保護手続ではなく破産によって手続きを合理化すべきであると報告書で主張した。参照元

    2019.04.02 (Tue)

    • 22:50
      スイスの主要証券取引所SIX、XRP追跡型商品を上場

      スイスの大手証券取引所であるSIXはAmun Ripple(AXRP)と呼ばれるAmun社によるXRPの価格追跡型の商品を上場させたと発表した。同社はすでに2月にBTCの価格追跡型商品を、3月にETHの価格追跡型商品を同取引所に上場させている。参照元

    • 22:48
      主要仮想通貨で10%以上の値上がり

      BTCなど主要な仮想通貨(仮想通貨時価総額トップ10)は全ての銘柄で値上がりをみせ、BTCが15%近い値上がり幅である4800ドルを一時超えるなど10%以上値上がりをした銘柄が多くみられた。参照元

    • 18:20
      Kraken、LTCとBCHの先物取引が急増

      アメリカの取引所であるKrakenはLitecoin(LTC)とBitcoin Cash(BCH)の先物の取引高が急増し、想定していた額の5倍以上にもなる合わせて1億5000万ドルの取引が行われていると言う。同取引所は先物取引を行っていたCrypto Facilitiesを買収したが、買収後の伸びが高くなっているとみられる。参照元

    • 18:20
      Tetherの取引量が過去最高へ

      最大のドル建てステーブルコインであるTetherの一日の取引高がBitcoinに次ぐ94億ドル、トランザクション件数は38,150件となり過去最高を記録した。一方でTetherは準備金に関する説明を改定し、ドル以外の資産の保有を示唆するなどガバナンスに関する疑いも出てきている。参照元

    • 11:27
      Tron、日本ユーザーのギャンブル禁止へ

      Tron(TRX)は日本市場におけるTronの推進と題して、Tronは日本のユーザーに対してはギャンブルのDappsの推進を行わず、日本の開発者に対してもそれを要求するとともに、ギャンブルの開発を行っている日本からのIPアドレスをブロックすることも検討しているとしている。参照元

    • 11:14
      Enigma、メインネットローンチに向けてコードを公開

      Ethereum上で暗号を用いたコントラクト自体の秘匿化を行うプロジェクトであるEnigmaはテストネットローンチを先日行ったばかりだが、それに合わせてプログラミングコードを公開し、シークレットコントラクト(秘匿化されたコントラクト)の例などを見ることができる。参照元

    • 11:11
      Coinbase、USDCとXRPを用いた国際送金に対応

      アメリカの大手仮想通貨取引所のCoinbaseは、XRPとCircle社のドル建てステーブルコインであるUSDCを用いた国際間のユーザー同士の送金を手数料無料かつ瞬時に行えるようにしたことを発表した。参照元

    2019.04.01 (Mon)

    • 23:42
      パキスタン、仮想通貨取り扱いを免許制へ

      パキスタンの規制当局は仮想通貨や電子マネーに関する新たな規制枠組みを構築する計画を立て、一定の資本要件や顧客資産や顧客情報保護の要件を満たしている事業者にライセンスを与えて仮想通貨の取り扱いを許可するライセンス制を導入するつもりであると報じられた。参照元

    • 23:39
      Binance、Augarが“design flaw attack”に直面と指摘

      仮想通貨取引所のBinanceのリサーチ部門は、予測市場のAugarが非常に将来性が高いのと同時に多くの問題にも直面しているとのべ、そのうち予測市場を立てた人物がひとつ以外の選択肢を現実的ではない値に設定することで無効な市場をわざと作り、新たに参入してきた人物の資金をそこに流し込むと言う“design flaw attack”と呼ばれる攻撃が散見されると指摘した。参照元