2016.09.14 (Wed) news

iOS10アップデートに伴いiMessage使った瞬時の国際送金を実現 米Circleがサポート

circle-financial

Appleが一部の限られた仮想通貨以外の締め出しを図る一方で、ビットコイン関連のアプリケーションが充実し始めている。

ビットコインのペイメントサービスを欧米・中国に展開する米Circleは、iOS10のアップデートに合わせてiMessage上で送金できるサードパーティサービスの提供を開始した。これは、Appleが今年6月にiMessageをサードパーティ開発者に公開したことを受けてのことだ。

「私たちは、アプリレス決済のユースケースを模索してきました。」サークルのジェレミー・アレイアCEOは声明の中でそう語った。「Circleは、あらゆるコミュニケーションの中に決済をもたらしたいと考えています。」

サークルでは、米ドルやユーロで残高を保持したまま、ユーザー間で瞬時に残高の移動が行える。例えば、ドルを持つユーザーがアメリカからイギリスへ、ユーロを送りたい場合でも、ドルがビットコインに、ビットコインがユーロに交換されることで、国をまたぎ通貨が異なっていても一瞬で変換され、受け取った人はすぐに支払いにも使えるし、引き出すこともできる。

iMessageを通すことで、サークルのアカウントを持たないユーザーに対しても送ることができるようになり、その場合、受取人はアカウントを開設し本人確認ができるまでは使うことができない。また、銀行から引き出す際は一営業日かかるようだ。

アレイアCEOはまた、Androidユーザーに対しても今後このサービスを提供する目論見だという。今回、iMessage向けのサービスを開発する過程で、SMSなどさまざまなコミュニケーションアプリを通じて支払いができるプロセスを構築したとのこと。今後はさらに中国市場展開を拡大していくとアレイアCEOは述べ、テンセントやアリペイの地位を狙っていくと語った。


CoinDesk


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。