2016.07.08 (Fri) news

三菱UFJ銀行など、米Coinbaseに1000万ドル出資

btmu

7月8日、Coinbaseが三菱UFJ銀行(BTMU)と資本業務提携を結んだことを明らかにした。出資合計額は1050万ドル(約10.5億円)で、三菱UFJ銀行、三菱UFJキャピタル、SOZOベンチャーズなどが出資を行なった。日本のメガバンクがビットコイン・ベンチャーに投資したのは、三菱UFJ銀行がはじめてだ。

Coinbaseは過去、アジア圏の銀行と継続的な実証実験に取り組んでいたことも噂されており、本発表をもってそれが明らかになった。日経新聞の報道によれば、円やドルを使い、取引所を介した「海外送金の仕組みを開発する」とのこと。同社の声明は、金融機関との提携は「金融業界と新しい世界の橋渡しをする」ことが目的だと述べている。

「我々の使命は、金融機関と新たな金融サービスに取り組むスタートアップという2つの世界の橋渡しを行うことで、世界のための”オープン”な金融システムを作り上げることです。世界で指折りの金融機関との提携は当社の重要な戦略の一部であり、我々は三菱UFJ銀行との協業を非常に喜ばしく思います。」

Coinbaseはまた、日本への進出も示唆した。現在同社は欧米を中心に32カ国に暗号通貨交換事業を展開しているが、アジアへの進出は足が遅くシンガポールだけに留まっている。同社はアジアを主要市場と捉えており、三菱UFJ銀行と提携したことからも日本進出は近いと考えてもいいだろう。

今回の出資により、Coinbaseは累計1.17億ドル(約120億円)の資金調達を収めたことになる。2015年1月のシリーズCラウンドにおいては、BBVA、USAAなどの銀行から7500万ドルを調達している。


Coinbase


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。