2016.02.03 (Wed) news

デジタルアセットにIBM、ゴールドマンサックスが新たに出資=計6000万ドル

スクリーンショット 2016-02-03 18.07.35

元JPモルガンでCDSを生んだブライス・マスターズ氏が率いるデジタルアセット・ホールディングス(DAH)は、先月22日に発表した最新のラウンドに加え、追加でIBM、ゴールドマン・サックスから出資を受け、調達額の合計が6000万ドルに達したことを発表した。

本ラウンドの投資家にはJPモルガンをはじめ、DTCCやドイツ証券取引所、オーストラリア証券取引所など10を超える金融機関が出資を行い、合計15の企業に達した。

「新たにゴールドマン・サックスとIBMを投資家に迎えたことは、この変革技術の世界的な採択を推し進めることになるでしょう。」声明の中で、ブライス・マスターズ氏はそう語る。また、ゴールドマン・サックスの技術責任者であるポール・ウォーカー氏は次のように述べた。

「我々は、分散型レジャー・テクノロジー(DLT)が金融機関のグローバル取引の方法を変革すると確信しています。そして、デジタルアセットや世界中の金融機関とともに最新技術に取り組めることを心待ちにしております。」

今回出資に加わったIBMは、2014年9月にIoTとスマートコントラクトを組み合わせたコンセプト「Device Democracy」を公表した。また、2015年のはじめにはそれを実際のプロジェクトに落とし込んだ「ADEPT」を発表。2015年12月には、The Linux Foundationが主催するOSSプロジェクト「Open Ledger Project」を共同で立ち上げている。



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。