2015.06.22 (Mon) news

元シルクロード捜査官、2万ビットコインの不正窃取認め有罪へ

silkroad-unsealed
先月末に終身刑を言い渡されたDPRことロス・ウルブリヒト被告を逮捕するため、シルクロードの内部コミュニティと接触していた元米シークレットサービス特別捜査官が、押収したシルクロード資金の不正窃取を行ったことを認めたことが明らかとなった。

ショーン・W・ブリッジ捜査官は、今年3月末にコンピュータハッキングおよびマネーロンダリングの罪で起訴されていた。連邦裁判所によると、同氏は、シルクロードのカスタマーサービス担当者への尋問の中で管理システムへのアクセスパスワードを入手した。そして、シルクロードの管理システムへアクセスしそれらのパスワードを変更した上、シルクロードのウォレットから20,000ビットコインをマウントゴックスの自己口座へと移したとされている。

その後、彼は当局から発せられたマウントゴックスの未払い金210万ドルの支払い命令を事前に入手し、その数日前に自身のペーパーカンパニーの投資口座へ資金を移動したとのことだ。

裁判所の主張によれば、ブリッジ氏が不正に窃取したビットコインの時価総額は、当時の価格で82万ドルになると言われている。ブリッジ氏は、当局の起訴状、「コンピュータハッキング」「マネーロンダリング」に関して全面的に有罪を認め、判決を8月31日に予定している。

同じくロス・ウルブリヒト被告と複数の偽人格で接触したカール・フォース氏は、ウルブリヒト被告と「政府当局の調査から保護する」、「操作情報に関する極秘情報を提供する」といった交渉を独自判断で行い、ウルブリヒト被告が拘束される2013年までの2年間で合計77万ドルを不正に要求していたことが判明し、起訴されている。フォース氏の公判は8月に行われる予定だ。

Federal-Agents-Accused-of-Stealing-Silk-Road-Bitcoins-477166-2


無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!