2016.04.08 (Fri) news

JPモルガンとシティなど、CDSにおけるブロックチェーン技術利用に成功

market

JPモルガン・チェースをはじめ、シティグループ、クレディ・スイス、バンクオブアメリカ、DTCC、マークイットが金融デリバティブ取引の一種であるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)におけるポストトレード処理に、ブロックチェーン技術を活用する実証実験に成功したことを明らかにした。

実証実験においては、ブロックチェーンによる証券向けインフラを開発するAxoniがホストとなり、ネットワークを構築。また、マークイットのマッチングシステム「MarkitSERV」を通じて、権限管理やイベント処理などの計算ロジックが含まれるスマートコントラクトを作成した。この他、プロジェクトにおいては取引毎の詳細、カウンターパーティリスク分析、システミックリスクなどをリアルタイムで把握できることが実証できたとのことだ。

DTCC Deriv/SERVのCEOを務めているクリス・チャイルズ氏は声明の中で、「分散型台帳技術は、世界の金融マーケットをまたぐ、複雑で、多くの手作業を伴うプロセスに革命をもたらす可能性を秘めている。」と話した。また、マークイットのマネジングディレクターを務めるブラッド・レヴィ氏は、本イニシアティブの成功により、ブロックチェーン技術がCDSだけでなく、金融市場のより広範な金融商品にも適用できることが実証できたと述べた。

実証実験では、耐障害性、外部システムとの統合、データのプライバシーなどを含む85の構造テストを行なった。Axoniが実装したブロックチェーンのインフラは、100%が耐用試験に通貨したと述べられている。DTCCはこれに伴い、今後、6.7兆ドル規模のCDS市場において実利用に耐えうるかを議論するとのことだ。


DTCC Press release



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。