2015.10.07 (Wed) news

世界最大の決済端末プロバイダIngenicoがビットコイン決済を導入

ingenico

フランス・パリに本拠を置く世界最大の決済端末メーカーであるIngenico(インジェニコ)は、10月5日よりスペイン・バルセロナにおいて開催されたBitcoinweek Conferenceの場において、ビットコイン決済代行プロセッサであるBitPayとパートナーシップを締結しビットコイン決済を導入したことを発表した。

インジェニコは世界125カ国で2200万台のカード決済端末(POS端末)を提供しており、またPOS端末に限らずスマートフォンやタブレット端末を用いた決済モジュールの展開も行っている。

今回のパートナーシップ締結に伴い、BitPayの決済システムはインジェニコのPOS端末「ICT250」に統合され、同社の決済ソリューションすべてに適時対応を進めるとのこと。インジェニコのマネージングディレクターを務めるミゲル・アンヘル・ヘルナンデス氏は、声明において、ビットコインの導入は「重要なプロジェクト」であるとし、「仮想通貨は安全かつ確実性の高い決済手段であり、エンドユーザーにその機能を提供できることを嬉しく思う」と述べた。

同社は今年のはじめ、BitPayと同様にビットコイン決済代行サービスを提供するPaymiumとのパートナーシップを結びヨーロッパ市場のためのビットコイン決済オプションを提供したが、今回新たに行った契約においてはヨーロッパ圏のみならず、「世界規模で展開するための施策」だと説明した。

BitPayの共同創業者圏会長を務めるトニー・ギャリッピ氏はまた、声明において次のように述べている。

「我々は実店舗、オンラインの双方で決済業界をリードするインジェニコグループとパートナーシップを結べたことに興奮しています。この統合は世界中の数千の決済端末にビットコインをもたらすものとして、業界の発展に大きな貢献ができることでしょう。」


PRESS RELEASE - Ingenico and BitPay Present Bitcoin Payment Through TPV Point of Sale Terminal



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。