2016.01.05 (Tue) news

マイク・タイソンが独自ブランドの「Mike Tyson Bitcoin」ウォレットをリリース

昨年9月、マイク・タイソンがビットコイン企業Bitcoin Direct, LLCと組みビットコインATMをローンチしたことは記憶に新しいが、さらなる展開として、彼はマイク・タイソン印のビットコイン・ウォレットを公開した。

ベースとなるウォレットには、世界最大のビットコイン決済プロセッサBitPayのチームが開発したオープンソースのマルチシグネチャ・ウォレット「Copay」が用いられ、iOSとAndroidのデバイスからダウンロードできるようだ。

ご覧のとおり、Copayの側替えだ。

Copayの機能を踏襲しているため、米国の11州に限定されているものの、ユーザーは近い将来Glidera Exhcangeを仲介してビットコインの購入や売却もできるようになる。また、Copayが標準機能として備えるTouchID認証(iOSのみ)も使うことができる。Mike Tyson BitcoinとCopayの最も大きな違いは、オープンソースではないこと、背景のモチーフにマイク・タイソンの刺青が使われていることくらいだ。

はっきり言って、マイク・タイソンのビットコインウォレットを使う理由はない。オリジナルのCopayを使うべきだろう。

なお、マイク・タイソンのビットコインATMは、ラスベガスのザ リンク ホテル&カジノに併設されているレストラン「Off the strip」に設置されている。



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。