2016.04.05 (Tue) news

OpenBazaar正式リリース:制御不能なP2P分散型フリーマーケット

スクリーンショット 2016-04-05 17.37.44

分散型市場「OpenBazaar」(オープンバザール)が、およそ2年の開発期間を経ていよいよ正式リリースされた。OpenBazaarは、DarkWallet、DarkMarketなどの開発に携わったアミール・ターキ氏のアイデアを元に作られたP2Pフリマプラットフォームだ。この市場には、他のECマーケットのような特定のサーバーは存在しない。店舗それぞれがOpenBazaarネットワークのノードであり、買い手となるユーザーは店舗ノードを渡り歩き、欲しい商品に対してビットコインで支払う仕組みだ。

「売買とは元来、自由なものだ。この思想は、OpenBazaarを開発していた2年間常に我々を励起してきた。」プロジェクトのリードデベロッパーを務めるブライアン・ホフマン氏は声明の中でそう語る。「たった今から、インターネットを通じた世界中の誰もがビットコインとOpenBazaarを使い、物やサービスを自由に売買できる。我々は、人々がこのツールをどのように利用するのかを見るのが楽しみだ。」

アリババやアマゾン、eBay、楽天とは異なり、OpenBazaarのプラットフォームは誰にも管理されない。買い手も、売り手も、そしてエスクローサービスすらも、「特定の誰か」を必要としないプロトコルによって構築されている。

OpenBazaarは昨年6月、ユニオンスクエアベンチャーズ(USV)、アンドリーセン・ホローヴィッツ(a16z)らから開発費として100万ドルを調達。USVは、ビットコインとOB1の「自由なインターネット」思想から、ダークウェブ上のマーケットプレイスに関する研究と考察も行なっている。


PRESS - OpenBazaar
BTCN - 分散型マーケットプレイス「OpenBazaar」とはなにか



無料メールマガジン

BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!


まだデータがありません。